寒暖差疲労

寒暖差が大きいことにより、自律神経機能が乱れ、体が疲れることを
寒暖差疲労といいます。
主な症状として、肩こり、頭痛、不眠、食欲不振、気分の変化などがあります。
自粛生活が続いた今年は、室内にいることが多く、運動したり外に出て汗をかく機会が少なく
自律神経を鍛えることが十分にできていません。
温かい飲み物を飲むようにし、浴槽に浸かって体の表面だけでなく、内臓から温めてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebook Twitter インスタ
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

PAGE TOP