寒暖差疲労

寒暖差疲労とは、気温差(7℃以上)が大きいと起こりやすくなるもので、
体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまい、
全身倦怠感、冷え症、頭痛、首こり・肩こり、胃腸障害、イライラ、不安、アレルギー(鼻炎症状)などの様々な症状が出てしまう、「気象病」の1つです。

寒暖差疲労の対策として
.・体を中から温める
体を中から温めるためには、なるべく冷たい飲食物をとらないようにし、ゆっくりよく噛んで食事を行うとよいでしょう。
・体を外から温める
温めるポイントは、手首、足首、首、両側肩甲骨の中心の4つです。
入浴は、ぬるめの38-40℃位のお湯に10-15分程度、肩までしっかりとつかるのがよいでしょう。
就寝時は、寝具をしっかりと使いましょう。その際に重要なのは、首を冷やさないようにすることです。
・体を軽く動かす
軽い筋力トレーニングやスクワット、全身のストレッチをするとよいでしょう。
階段を使う、一駅分歩く、ウォーキング(20分程度)もおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebook Twitter インスタ
2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. 2022.06.28

    手のツボ
  2. 2022.06.27

    夏バテの時期
  3. 2022.06.14

    寒暖差疲労
  4. 2022.06.13

    猫カフェ
PAGE TOP