温度と睡眠の関係

最近日に日に寒くなり、暖房や電気毛布を使われる方が多くなってきているのではないでしょうか。

睡眠中の環境温度によって睡眠の量や質は敏感に変わります。
電気毛布で加熱したままの状態で眠ると、夜中に目覚めやすくなってしまいます。
電気毛布が必要な方はタイマーで加熱を調節したり、
最弱レベルに切り替わるようにすると、眠りが深くなりますよ♪

また、部屋の暖房が強すぎる場合も体の内部の温度が下がりにくいので眠りが浅くなりやすいです。
布団に入ってから少し室内の温度を低くすると、深い眠りが得やすくなります。
頭を冷やしても、環境温度を下げたのと同じ効果が得られるので試してみてください♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebook Twitter インスタ
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 2022.11.12

    睡眠不足(>_<)
  2. 2022.11.8

    脳疲労
PAGE TOP